【実体験】産後の不眠を克服するための効果的な方法5選!!

産後の不調

こんにちは!taroです!

産後って次から次へといろいろなトラブルが襲ってきませんか??

メンタル面や体の不調・・・今の自分は本当の自分なのか?と思うくらい出産前とは心の状態も体の状態も違うので、追いつけないことってありますよね(-_-;)

そこで本日の記事では私自身の身に起こった産後トラブルのうち特に症状が重かった「不眠」についてお話していきたいと思います。

不眠になった原因がわからず日常生活にも支障がでるようになっていたのですが、どうにか改善するために色々なことを試してみました。

いま現在産後の不眠に悩まされていて、なんとか克服したいと思っている方のお役にたてる記事になっているかと思いますので、是非最後まで見て頂けると嬉しいです!

不眠になったときどんな状態だったか?

不眠の症状も色々ありますが、わたしの場合は「寝つきが悪い、夜中に何度も目が覚める、眠りが浅い」といった症状が毎日現れていました。

ある時は23時ころに布団に入ったのに夜中の3時ころまで眠れなかったり、またある時はすんなり寝付いても1,2時間で目が覚めてしまったり・・・。

1番ひどかった時は、寝入ってから2時間後に目が覚めて、そこから朝までまったく眠れない・・という時もありました。

日常生活にどんな影響があったか?

眠れなくなってからは日常生活をするうえで次のような影響がありました。

・日中も頭がボーっとする、頭が働かない

・頭痛

・痛みをともなう肩こり

・気持ちが不安定(急に涙があふれてくる)

とくに気持ちが不安定になることが一番こたえました(-_-;)

娘が日中ぐずって泣き止まないときなんかは「勘弁してくれよ・・」と一緒になってワンワン泣いてしまったこともあります。

原因を自分なりに調べてみた

このままではいつかぶっ倒れる・・どうにか改善しなくては!!と思い、まずは自分で調べることにしました。

ネットで調べた中で1番多い産後不眠の原因は「ホルモンバランスの乱れ」でした。

妊娠・出産を経ての体の変化と子供優先の生活が変わりホルモンバランスが乱れることで不眠になることが多いとされています。

わたしが不眠になった原因の1つもきっと「ホルモンバランス」が影響していたでしょう。

ただ同じ時期に出産した友人には不眠になっている人は1人もおらず、むしろ「毎日爆睡!!」「「1分あれば寝落ちできる!」「どんな態勢でも寝れる」なんて人ばかりだったのです。

だとするとわたしが不眠になった原因はほかにもある・・・と思い睡眠外来を受診することにしました。

睡眠外来を受診してわかったこと

自律神経のバランスが乱れ、交感神経と副交感神経の切り替えがうまくできていないことが原因ではないかとと言われました。

交感神経とはおもに日中、ストレスを感じたとき、緊張したときにスイッチがはります。

副交感神経とは眠っているときやリラックスしているときにスイッチが入ります。

交感神経と副交感神経はどちらが優位になっているのがいいというわけではなく、日中は交感神経が優位に、夜寝る時やリラックスしているときなどは副交感神経が優位になるように切り替わることが理想的です。

この切り替えがうまくいかないと寝るときに興奮状態になってしまい眠れなくなる症状がでてしまうのです。

ずばり!わたしはこの状態だったわけです💦

常に交感神経が優位になっていたんですね・・・😢

不眠を克服するためにやったこと

睡眠外来ではとにかくリラックスする時間をとるように心がけてくださいと言われたので不眠を克服するためにいろいろ試してみることにしました!

ここでは特に効果を感じることができたものを紹介していきます!

少しでも参考になれば嬉しいです!

〇ヘッドマッサージ(即効性あり!)

ヘッドマッサージには副交感神経を優位にして血行不良を改善し、リラックスできる効果があります。

交感神経が優位になり緊張状態が続いていると頭がガチガチになるのですが、わたしの頭もガチガチで、ツボを刺激してもらうとかなりの痛みがありました(-_-;)

しかしマッサージをした日の夜は、いままでに感じたことのないような眠気がありその日は久々の6時間くらい熟睡することができました!

〇寝る前に目を温める

目を使いすぎると交感神経が優位になり副交感神経への切り替わりが鈍くなってしまいます。

動眼神経という目の動きに関係している神経は副交感神経を含んでいるので、目をあたためて筋肉をほぐすことによって副交感神経が優位になりリラックスすることができます。

わたしはよく「蒸気でホットアイマスク」を使っています!

蒸気でホットアイマスクは20分あたたかさが持続します。

使っていると目の疲れやこわばりがすーっと和らいでいく感じがあり気づいたら「寝落ちしていた!」なんてこともありました!

〇無理して予定を詰め込まない

ここからは自己流の克服方法をご紹介していきます。

日中子供を見ながら「あれもやってこれもやって」と色々考えているとずっと緊張状態や興奮した状態になってしまうので、日中はできるだけ子供のお世話以外のことは無理せずにゆっくり過ごすようにしました。

ヘッドマッサージやアイマスクのように科学的?に証明されている方法ではないのですが、とにかく体と頭をリラックスさせることを優先することでだんだんと改善していったと思います。

〇無駄にスマホを見ない!デジタルデトックス!

暇な時間があるとどうしてもスマホをみてしまいますよね?

スマホを見ていると色々な情報が頭に溜まっていく感覚があり、見終わったあとすごく疲れてしまうことがありました。よくない情報を目にしたときなんかはまた余計なことを考え込んでしまったり・・・。

それも交感神経を優位にしてしまっている原因かと思ったので、無駄にスマホを見ずデジタルデトックスを心掛けました。

〇無理に寝ようとしない

「寝なきゃ寝なきゃ」と思って布団に入ると、寝れないときに強いストレスを感じました。だったら無理に寝るのやめよう!と開き直って布団にはいることで「眠れないストレス」を少なるすることができたと思います。

この方法を行う時は必ず布団に横になるようにしてください。

布団に横になっているだけで体を休めることはできますしね!!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

しっかり睡眠がとれないとメンタル面も体の面も不調になってしまいますよね(-_-;)

わたしも産後に不眠が続いていた頃は本当に辛かったです😢

しかし本日紹介した方法を繰り返し行っているうちにだんだんと症状が改善されていったので、産後の不眠にお悩みの方は是非試してみてください♪

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました